『華麗なるスパイス』感想:王道の台湾ドラマ感あふれる作品

美麗

主人公とヒロインは現在リアルで交際中なのよね。
(2020年秋~)

華夏

共演してくっ付いた人は上手くいかない説があるけど、大丈夫なのかしら?

美麗

台湾芸能界は狭いから、上手くいかなければ地獄よね。

2017年に台湾で放送されたドラマ『華麗なるスパイス』(極品絕配)

一流凄腕シェフと夜市の女王が出会ったら・・・?

笑いあり、涙あり、骨肉の争いありのラブコメディです。

ヒロインを演じたシャオ・ユーウェイは『路~台湾エクスプレス~』でユキちゃん役だった人です。

『路』の時とは違い、『華麗なるスパイス』では元気系の女性。

全くイメージが違います。さすが女優!

『華麗なるスパイス』のタイトルとあらすじを見ると、B級ドラマ臭がしますよね~。

しかし、B級ってことはなかったですね。

王道の台湾ドラマという感じでした

このドラマを楽しんで見れた人は、他の台湾ドラマも見れると思います。

台湾ドラマ初心者にオススメのドラマです。

以下、ネタバレあり。

目次

台湾ドラマ『華麗なるスパイス』について

あらすじ

フオ・ティンエンは人気レストラン「ラ・ミュール」を経営する若き実力派シェフ。

レストランは3カ月先まで予約が取れず、ティンエンの代表料理「カレー伊勢えび」(伊勢えびにカレーソースをかけたもの)は大人気だった。

一方、夜市で人気のカレーえびバーガーの店を営むウェイ・フェンチン。

彼女は夜市ではみんなから頼りにされる存在で、[夜市界の庶民版フオ・ティンエン]とSNSで取り上げられていた。

ある日、偶然夜市を通りかかったティンエンは、フェンチンのカレーえびバーガーを食べてその味を酷評する。

さらにティンエンは同じえびバーガーを作って見せ、フェンチンに実力を見せつける。

悔しいフェンチンはティンエンの店を訪れ、カレー伊勢えびを作ってみせると宣言し・・・。

「カレー伊勢えび」という料理が発端なので「華麗なる」というタイトルなんですよね~。

そして「スパイス」もドラマのキーポイント。

主な出演者

ウー・カンレン

フオ・ティンエン  役

シャオ・ユーウェイ

ウェイ・フェンチン 役

ベン・ウー

フェンチンの夜市での同僚、フェンチンを好き 

モン・シャオウェイ 役

ベン・ウー、途中で髪型変わってる(笑)

ドラマ撮影中は髪型を変えないのが暗黙のルールなのに、なぜかしら・・・。

感想(ネタバレあり)

王道の台湾ドラマ感がありましたね~。

ヒロインと主人公の出会いは最悪

庶民のヒロインが金持ちイケメンの主人公とくっ付く

ヒロインが主人公の家庭の問題を解決しようと奮闘する

お互いの両親が交際に反対

仕事で窮地に陥る主人公

実は仲間(シャオウェイ)が超金持ちの子女だった。親の力を借りて主人公の窮地を救う

ヒロインと主人公は破局

数年後(このドラマでは一年後)、偶然の再会

すったもんだあったけどハッピーエンド

おまけ:意外な人同士のカップル誕生

台湾放送版および日本での配信版では全35話と話が長いことも含めて、台湾ドラマ感が満載でした。

『華麗なるスパイス』を面白いと思った人は、他の台湾ドラマも楽しめると思います。

ぜひ他の台湾ドラマも見て下さい。

まとめ

実力派俳優のウー・カンレン。

「今後はラブコメには出ない」と宣言しているようです。

彼の最後のラブコメ出演作になるかもしれない『華麗なるスパイス』、要チェックです。

美麗

ベン・ウー、このドラマでは演技力がまだまだだったわね。
その後は改善されているわよ。
彼は頑張っているわよ。

無料で『華麗なるスパイス』を見る方法動画配信サイトU-NEXTで見放題配信中

  • 無料で31日間お試し可
  • いつでも解約OK
  • 60本以上の台湾ドラマを楽しめる
今ならU-NEXTの月額料が31日間だけ無料。
上のボタンをタップしてチェック!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

このドラマの感想を書く

コメントする

目次
閉じる