台湾で「神ドラマ」と呼ばれているドラマを知りたい? 詳しく

台湾ドラマ『年下のオトコ』感想まとめ:後輩女の強かさ&あざとさに注目!

美麗のアイコン画像美麗

台湾の美魔女ルビー・リン主演、10歳年下男子との恋愛物語よ。

華夏のアイコン画像華夏

主人公の友人役でグレッグ・ハンも出演しているわね。
結構出番が多いわよ。

美麗のアイコン画像美麗

期待していなかった分、期待を超える面白さだったわ。
アラサー以上の女性におススメのドラマよ。

年上女×年下男の恋愛を描いた台湾ドラマ『年下のオトコ』(我的男孩)。

台湾での放送は、2017年12月22日~2018年5月11日。

有名CM監督の30歳キャリアウーマンと、美術専門学校生の20歳男子との10歳差恋愛がテーマ。

現在、Amazonプライムビデオで配信中です。

ヒロインを演じたルビー・リンは、撮影時41歳、ドラマの役は30歳。

主人公を演じたデレック・チャンは、撮影時24歳、ドラマの役は20歳。

ルビー、実年齢より10歳以上若い役かい・・・(笑)

しかし、ルビーは台湾を代表する美魔女なので、30歳と言われてもそれっぽいですね。

まぁ、30歳にしては貫禄ありすぎる気はしましたが。

そして、美魔女及び10歳差恋愛と同じくらい注目してほしい所があります。

『年下のオトコ』ここに注目!
  • 主人公の友人役のグレッグ・ハン
  • 主人公の専門学校の後輩女性の、強かさ&あざとさ
  • 主人公の両親の、10歳差恋愛への反対っぷり

時をかける愛』に主演し大ブレイク、今ではギャラが50倍となったグレッグ・ハン。

大ブレイク前の彼の姿、要チェックです。

また、主人公の後輩女性を演じた女優さん(温貞菱)も、とても良かったです。

もうね、強かさとあざとさがすごいんですよ(笑)

(詳しくは後述)

この女優さんの顔が田中みなみに似ているので、ドラマ後半では田中みなみにしか見えなくなりました(笑)

以下、ネタバレあり

Amazonプライムビデオで全話無料配信中

まずは30日間無料トライアル

3分で会員登録完了

30日以内に解約すれば、お金は一切かかりません

目次

台湾ドラマ『年下のオトコ』について

あらすじ

美術の専門学校生のアン・チンフイ/安慶輝(デレック・チャン)。

思いを寄せる後輩(あだ名:シャンプー。田中みなみ似)に告白しようと、苦労して集めたお金を手に高級レストランで待っていた。

その時、隣の席の酔っ払い女性、ルオ・シャオフェイ/羅小菲(ルビー・リン)に絡まれる。

泥酔したシャオフェイを介抱するため、ひとまずホテルへ連れて行くチンフイ。

ある日、知らない番号から電話がかかってくる。

それは、あの泥酔していた女性からの電話。

この出会いをき っかけに、二人の不思議な付き合いが始まる。

そして恋愛関係になるチンフイとシャオフェイ。

20歳男子と30歳キャリアウーマンの恋愛は、周りからの反対に遭い・・・。

主な出演者

ルビー・リン(林心如)

ルオ・シャオフェイ 役

デレック・チャン(張軒睿)

アン・チンフイ 役

グレッグ・ハン(許光漢)

主人公の友人・尼古嚕(ニーグル) 役

リー・リーレン(李李仁)

シャオフェイと知り合う公務員男性 役

温貞菱

主人公の美術学校の後輩女性・シャンプー 役(田中みなみ似)

シェリル・ヤン(楊謹華)

シャオフェイの元カレの妻 役

0:22に田中みなみ似の女優が映っています

主人公を演じたデレック・チャンは、デビューから2年でこの役を掴んだとの事。

デレックは2015年のデビュー直後、肝臓がんの父親のために、自身の肝臓の45%を父親に提供したそうです。

その手術の後、一か月もしない内に、中国でのドラマ撮影に向かったとか。

「チャンスを無駄にしたくない。このチャンスを逃したら、次にいつ来るか分からない」との強い思いがあったそうです。

その努力が実り、『年下のオトコ』で主演の座を手に入れました。

\ ヒットメーカーの脚本家と監督、美魔女、苦労人の若者がどんなドラマを作ったの? /

『年下のオトコ』の感想

田中みなみ似の温貞菱ちゃん

田中みなみ似の後輩女が強か&あざとい!

主人公チンフイの美術専門学校での後輩・シャンプー(温貞菱)。

シャンプーは、顔が田中みなみに似てるんですよ。

そのため、だんだん田中みなみにしか見えなくなりました(笑)。

ここでシャンプー(以下、便宜上「みなみ」)の強か&あざとい所を見てみましょう。

美術専門学校時代

チンフイはみなみに気があるものの、みなみは振り向かず。

みなみは別の人と交際する。

チンフイが有名CM監督になった後

みなみはチンフイに猛アタック。

チンフイの家に行き、その帰りにチンフイに車で送ってもらおうとする。

しかし、チンフイの母親は「みなみは息子が有名になったから近づいているだけ」と気付く。

息子とみなみを二人っきりにしないよう、理由をつけて一緒に車に乗り込む。

後日、みなみはチンフイと一緒に母校を散策する約束を取り付ける。

当日、チンフイは美術専門学校時代からの友人、ニーグルとガオピーを一緒に連れて行く。

それに不服な表情のみなみ。

みなみは校内でチンフイにキスをするが、チンフイははっきりと拒絶。

(チンフイ、成長したな!)

その後も、みなみとチンフイは仕事上で関りを持つ。

しかし、チンフイの気持ちが自分にない事を知ったみなみは、ターゲットを変える。

次のターゲットに定めたのは、ニーグル(グレッグ・ハン)。

ニーグルの仕事場へ夜食を差し入れするみなみ。

(その後は描かれていない)

わぉ、強かであざとい女そのまんま(笑)

20代の時はそれで許されるかもしれないけど、30代以降は許されないわよ(おばちゃんからの忠告)

また、みなみを演じた温貞菱さんは、なんと4分の1日本人

母親はフィリピン育ちの台湾人、父親は日台ハーフだそうです。

\ 田中みなみ似の女優に注目 /

主人公の両親の反対っぷりがすごい

20歳の専門学校生の息子が、30歳のキャリアウーマンと交際するとなれば、まぁ普通の親なら反対するでしょうね。

そこは理解できます。

しかし、母親がショックのあまり倒れたり、父親がヒロインに会いに行き「息子と別れてくれ」と頼みに行くという設定が、前時代的だなと思いました。

その「息子と別れてくれ」と父親が頼みに行くシーンで、「門當戶對」という言葉がありました。

「家のレベルが同じ」という意味です。

台湾では日本よりも、この「家のレベルが同じ」である事を重視しています。

たとえその人自身が今とても成功していてお金持ちでも、貧乏育ちなど、育ってきた環境が違うのはアウト。

このドラマでは、「多様性を認めろアピール」が多いです。

例えば、ヒロインの姉の旦那が聴覚障碍者という設定。

そして、ヒロインが買い物中、無意味にゲイカップルのシーンを挟んでいました。

それなのに、「10歳差恋愛は認めないの・・・?」と少し違和感がありました。

結末はハッピーエンドで、両親も息子たちを認め、二人は結ばれます。

しかし、多様性をアピールしている割には、前時代的な所があるなと思いました。

>>『年下のオトコ』を今すぐ視聴

主人公が母親に対して跪くシーンについて

第14話で、チンフイがシャオフェイとの交際を認めてもらうため、母親に跪いて懇願するシーンがあります。

中華圏では、「跪く」という行為は最大の屈辱的行為です。

「相手に絶対服従する事」「自分は誰よりも下の人間」という事を認める行為です。

「それをしてまでも、シャオフェイとの交際を母親に認めてほしい」という決意の表れのシーンです。

日本人がこのシーンを見ても、特に何もなくスルーだと思います。

しかし、「跪いて懇願する」というのがどれほどの覚悟かというのは、これを見た台湾人には理解できます。

>>『年下のオトコ』を今すぐ視聴

まとめ

仲良さそうですね!

この『年下のオトコ』での共演で、デレック・チャンとグレッグ・ハン、そしてもう一人の友人役の俳優の三人は、大親友になったそうです。

「年下のオトコ」「我的男孩」という単語でYoutubeを検索すれば、彼らの映像を見る事ができます。

時をかける愛』で大ブレイクする前のグレッグの様子も見れますよ。

期待以上に面白かった『年下のオトコ』、ぜひみなさんも観て下さい。

美麗のアイコン画像美麗

このドラマの若手俳優たち、みんな今後応援したいと思ったわ。
きっと大活躍するわよ。

Amazonプライムビデオで全話無料配信中

まずは30日間無料トライアル

3分で会員登録完了

30日以内に解約すれば、お金は一切かかりません

このドラマの出演者はこのドラマにも出演しています

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

美麗
当サイト管理人
台湾ドラマ好きが高じて台湾で中国語を勉強しました。台湾ドラマファンを増やしたい!
目次
閉じる