台湾で「神ドラマ」と呼ばれているドラマを知りたい? 詳しく

台湾映画『悲しみより、もっと悲しい物語』。泣けるけど登場人物への共感性はイマイチ。

美麗のアイコン画像美麗

今大人気のリウ・イーハオが主演よ。

華夏のアイコン画像華夏

彼は日本だと妻夫木聡さん的な立ち位置よね。
(演技力の面で)

美麗のアイコン画像美麗

イケメンで人気者だから、多少の欠点はあってもいいんじゃない?(笑)

2018年に台湾で公開された映画『悲しみより、もっと悲しい物語』(比悲傷更悲傷的故事)。

2018年台湾の国内映画興行収入ランキング第1位!

「泣ける!」と台湾の若者の間で話題になりました。

この映画は、韓国映画の台湾リメイクだそうです。

この映画のあらすじの、

「若くして天涯孤独になった男女が一緒に暮らすようになる。男は白血病を発症していたが、心配をかけまいと女に伝えずにいた」

という所を読んだだけで、「ん?韓国ドラマ?」と思いましたが、やはりそうだったのですね。

以下、ネタバレあり

目次

台湾映画『悲しみより、もっと悲しい物語』について

あらすじ

若くして天涯孤独になった音楽プロデューサーのK。

交通事故で家族を亡くした作詞家のクリーム。

二人は高校1年生のとき、学校のグラウンドで運命的な出会いをした。

身寄りのない2人は、やがて一緒に生活するようになる。

互いに恋心を胸に秘めながら、恋人ではなく、この世でかけがえのないパートナーとして時を重ねていた。

だが、Kは頑なにクリームに気持ちを伝えずにいた。

自身の白血病が悪化し始めていたからだ。

余命僅かだと知ったKは、自分がいなくなってもクリームが幸せに生きていけるよう、別の男性に彼女を託すことにした。

クリームの結婚を無事に見届け、目的は果たされたかに思えた。

しかし、そこには思いがけないもう1つの“物語”があった・・・。

主な出演者

リウ・イーハオ(劉以豪)

若くして天涯孤独になった音楽プロデューサーのK 役

アイビー・チェン(陳意涵)

交通事故で家族を亡くした作詞家のクリーム 役

感想(ネタバレあり)

台湾映画 悲しみより、もっと悲しい物語 台湾版ポスター

泣けるか泣けないかだったら、泣ける映画です。

「大切な人を亡くした経験がある人」なら、「その経験を思い出して泣ける」と思います。

話の展開としては、とてもベタな展開ですね。

「病気の主人公が、それを相手に伝えない。しかし、相手は病気の事を知っている」という、ベタベタ過ぎる展開。

そして、主人公やヒロインにイマイチ感情移入できませんでした。

優しさが空回りしている感が否めませんでした。

主人公目線

彼女が残されても大丈夫なように、別の男と結婚させておきたい。

その一心で、彼女が別の男に気が向くように、自分は彼女に気が無いフリをする。

彼女が気に入った男(歯医者)が婚約中だったため、その男の婚約者の女に、「別れてくれ」と頼みに行く。

彼女がその男と結婚した後、行方をくらませる。

ヒロイン目線

主人公が白血病である事に気付く。

しかし、気付いている事を主人公には言わない。

主人公が死ぬまでに、彼が望んでいる事を叶えてあげたい。

彼が「他の男と結婚しなよ」と言ったから、彼を安心させるために他の男と結婚する。

結婚後、本当に大切な人は主人公だった事に気付いた。

入院中の彼を探し出し、一緒に彼の家に帰り、最後の時を過ごす。

主人公とヒロイン、お互いに、「相手に大切な人を失う悲しみを味わわせたくない」という一心からの行動なんですよね。

主人公は、高校生の時に父親を癌で亡くし、母親もその時に去って行った。

ヒロインは、高校生の時に自分以外の家族を事故で亡くした。

お互いに家族を失い、一人ぼっちになっていた。

これ以上、悲しみを味わわせたくない・・・。

お互いの「優しさ」があったのかもしれません。

しかし、その「優しさ」の犠牲になった人がいる事も忘れてはいけないと思うんですよね。

特に、ヒロインと結婚した男が犠牲になって可哀想すぎると思いました。

ヒロインと結婚した男(歯科医)は、ヒロインに「利用された」だけで終わってるので。

また、その歯科医の本来の婚約者に、「俺はもうすぐ死ぬ。俺の彼女がお前の婚約者を気に入った。だから別れてくれ」と頼みに行く主人公・・・

え、気持ち悪すぎない?(笑)

しかも、その婚約者の女の浮気の証拠も撮影して、歯科医に送り付ける陰湿さ。

主人公にもヒロインにもイマイチ共感できませんでした・・・。

まとめ

「感動した!文句なし!」と思うか、「泣けたけど、共感性はイマイチ」と思うかは、あなた次第。

台湾版『悲しみより、もっと悲しい物語』を見て、あなたはどう思うでしょうか。

美麗のアイコン画像美麗

韓国映画のリメイクだから、韓国っぽさがあったのも、
イマイチ楽しめなかった原因かも。
私は韓国には興味ないのよね~。

このドラマも人気です

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

美麗
当サイト管理人
台湾ドラマ好きが高じて台湾で中国語を勉強しました。台湾ドラマファンを増やしたい!
目次
閉じる